貸しおしぼりの質

貸しおしぼりの金額や価格の傾向について

日本では、貸しおしぼりを専門に行っている企業があります。日本においては、飲食店で食事をする前にはおしぼりが出されることが常識となっています。そのおしぼりを飲食店が独自で準備していることもありますが、大型な飲食店舗になれば貸しおしぼりを利用していることがほとんどです。貸しおしぼりの金額の傾向についてですが、従来よりも安く提供されるようになってきました。飲食店にとって、貸しおしぼりは備品の1部分であり、利用代金が高ければ独自に準備をして経費を削るという方向になるからです。そのため、貸しおしぼり業者は利用代金を安くし、さらには上質なおしぼり素材で清潔なものを提供できるように工夫がされ、競争がされています。

おしぼりを貸すこれまでの歴史や変遷について

日本における貸しおしぼりの歴史ですが、戦後飲食店街が広がり食事の前におしぼりを出すということがありました。その当時は飲食店が独自でおしぼりを準備し、お客様に出していたのですが、飲食店を利用する人が多くなるに従い、貸しおしぼり業者を使用する店舗が増えてきました。貸しおしぼり業者では、ビニールの袋に入ったおしぼりを貸し出し使用後はそれらを回収して、洗濯洗浄し、もう一度貸し出すといった流れでした。しかし、貸しおしぼり業者を利用するには金額が必要であり、経費節減のためタオル生地のおしぼりではなく、使い捨てのおしぼりが使用されるようになりました。しかし最近ではまたタオル生地のおしぼりを利用する飲食店も増えてきて、貸しおしぼりの需要が高まってきています。